マルチコート社が開発した水性新防水材です。 どんな下地へでも良く付着し、強力な防水効果を発揮します。 
     ダンボール箱を使った防水性能テストをご覧下さい。

       

       
   水性なのでブラシを水洗い出来ます。    ダンボール箱へ水を入れます。               何日経っても一滴の水漏れも有りません。

  

 実際の施工例  
 
日本とアメリカでの実際の施工例写真です。

     
住宅バルコニーへの防水材としても   バスタブ取り付け前に防水工事用    ラスベガスのホテル内、池の防水工事です。
最適 です。                  として使われています。
           
     
建築物基礎部分への防水にも使わ    マンション入り口車寄せの防水工事。  ビバリーヒル豪邸の池にも使われています。
れます。

    
公団住宅廊下の防水にも使われて    漏れていた県営浄化槽がピタリと止まり  ウォールスタンプにも使われています。
います。                    ました。

        
噴水の防水としてムラスティーコートを掛けました。トップコートを掛けて完成です。 基礎防水への使用は定番です。

           
浴槽リフォーム例。                 ムラスティーコートを掛け、トップコートを塗って、最後にシーラーです。


〔お試しセット〕   

    1ガロン缶  (3.8リットル入り)  5u施工可(二回塗り) $43
0.5ガロン缶(1.9リットル入り)  2.5u施工可(二回塗り) $23
クオート缶 (1リットル入り)   1.2u施工可(二回塗り) $13

日本までの送料が実費で若干掛かります。


ディズニーランド上級エンジニアからの推薦状

マルチコート製品はディズニーランド建設において滝や川等のセッティングを 造る際の防水工事に使っています。 
私どもがマルチコート製品を最初に使ったのは1991年フロリダのディズニーランド建設の時でした。
こ こでは、
15cm厚のコンクリート屋根の屋上に6mx5.4mの池と3つの滝を作りました。
池は一部コンクリート屋根を突き抜けて建造されたので、水漏れしない完璧な防水工事が必要でした。

ディズニーランドのこの種の施工法はいわゆる「ロックワーク」と呼ばれる物です。

まず鉄筋とラスで岩の形と底部の水がめを作り、その上から、“スクラッチコート”を掛け、次いで“ブラウンコート”を掛けます。
そしてこの上からマルチコート社のムラスティコートを二度掛けして、仕上げとしてマルチコート“スクラッチコート
2000”を塗り
ました。
ムラスティコートを掛けた職人がその施工性の良さに惚れ込んで“ブルーグー”と ニックネームをつけて呼んでいました。
今日現在まで水漏れは一切起きていません。この施工方法は一般的な地下防水施工と異なり、最も過酷な状況下
での施工法です。ムラスティーコート以外の材料を使った施工ではいつも水漏れが有りました。

東京ディズニーランドを作った際にもこの施工法を使いました。この時、ムラスティーコートを含めた4社の製品をテストしましたが、結局テストに合格し採用されたのはマルチコート社のムラスティーコートでした。

今回の香港ディズニーランドでもムラスティーコートを使っている事を付け加えます。

ロス ムーデイ

上級プロダクションデザイナー
香港ディズニーランド ターザンツリーハウス

 

【ムラスティーコート防水実験ビデオ】