この古いビルをスタッコーとステンシルを使って綺麗にリフォームします。
不動産開発業者がこのビルを買い取り、外壁をリフォームして価値を高めた後、
転売して儲けた成功例としてコンクリート業界紙に紹介されています。
 
完成時に目地の色として出てくる色を使って、下地を塗ります。
乾いたら、その上からテンプレートを張ります。
ここではレンガ調のステンシルを使っています。
 
テンプレートの上からレンガ色のスタッコー材を塗ります。
表面をよりリアルに見せる為に、仕上げのスタッコーが殆ど乾いた時点で
軽くホウキで表面をなでて、少しザラザラ感を出しました。
 
乾いてから、テンプレートを剥いで完成です。
使った材料はマルチコート社製のスタッコーミックスとステンシルです。
 
レンガを張るよりも、早く、安く、ビルの重さを重くしないで済むのがメリットです。

トップページ